« 北海道名産カレーを食す | トップページ | さよならウェンディーズ »

2010年1月10日 (日)

ASICS GT-2150 NEW YORK-SW を試す

   現在メインシューズとして使用している MIZNO ウエーブ ライダー11 であるが、少々くたびれてきたので新しいシューズを探すことのした。と言っても、アウトソールはまだ残っておりもう少し使用できるのだが、やはりサイズが少々小さいのである。5km程度の走行だと問題ないのだが、10km以上走ると必ず足に水ぶくれが出来るのである。爪は当たって痛くなることはないので、全長よりも幅が少し足りないようである。

   次のシューズはワイドサイズがあるものを中心に選ぶこととなり、候補として第一に上がってくるのは ASICS のSW(スーパーワイド:4E相当幅のもの)設定があるシューズである。
   アディダスのフォーモーション搭載シューズも興味があったのだが、アディは幅が狭いものが多くジャンル分けも判りにくいため今回は選択から外した。
   ニューバランスも少し興味があったのだが、製品自体あまりよく知らないため見送りとなった。

   我が輩は足の負傷があるためクッション性能のよいシューズが必要となるため、必然的にカヤノかGT-NYの選択となりるが、カヤノは少々重くなるためGT-NYを選択することにする。
   そのGT-NYも旧型の2140と新型の2150があり選択に悩むところである。

Gt2140sw   こちらは旧型となった GT-2140 NEW YORK-SW である。2150が発売になったため市場価格は7,500円~8,500円程度に下落し、お手頃感が増して更に人気のシューズである。


Gt2150sw_10   こっちは新型の GT-2150 NEW YORK-SW である。市場価格は10,000円~11,500円程度である。前モデルの2140に比べデザインを含め大きな変化は見られないが、前足部の屈曲性が向上したと言うことでソール前部の形状が変更となっている。



   ターゲーットが決まったならば早速試し履きである。お茶の水や御徒町のスポーツショップを中心に2140と2150を試し履きしてみた。
   以前銀座のASICSで3D足形測定した結果、我が輩の足の実寸は左足が26.9cmEEE、右足が26.6cmEEEであるので、大きい方の左足でシューズを選ぶことにしている。
   まずは2140SWの28.0cmを履いてみる。つま先にも十分余裕があり長さは十分であるが、幅が少し足りない感じがする。と言ってもウェーブライダーよりは余裕はある。28.5cmも試したかったのだが、残念ながら在庫がなかった。
   次に2150SWの28.0cmを試してみる。つま先も幅も丁度いい感じである。試しに28.5cmを試すと大きすぎる感じである。もう一度2140SWの28.0cmを履いてみる。やはり少し幅が足りない感じがする。
   2150は前足部の屈曲性を高めたため、2140に比べて少しワイドになったのか?やはりシューズは足入れしてみないことには買えないなあ。シリーズ物とは言っても少しサイズが異なるくらいだから。

  結局購入したのは、新型のGT-2150 NEW YORK-SWである。安くなっている2140も捨てがたかったのだが、価格差の2,500円は、新型という満足感1,500円+ブログのネタになる500円+旧型の28.5cmを探すのが面倒500円で相殺となった。

Gt2150sw_01Gt2150sw_02   現在2150SWのカラーはホワイト×ブラックしかないが、2140のようにホワイト×ブルーがあってもこの色を選んだであろう。なぜなら汚れが目立ちにくそうな色だからである。

Gt2150sw_05Gt2150sw_07   前モデルとの細かな変更点として、型番がかかと部分に入った。
   ひも通し穴の最後の2穴の幅が少し広がった。(ヒールロックに何か影響する?)

Gt2150sw_08   重さは偶然にもミズノ ウェーブライダー11(28.5cm)と同じく352gである。
   28.0cmSWと28.5cmと言うほぼ同じサイズで、ウェーブライダーはソール部分にミズノウェーブという中空波板を用いて軽量化を図っているのに対し、2150はソールにゲルを詰めているのに同じ重量とは、軽量化を頑張ったんだろう。
Gt2150sw_09Gt2150sw_06   この2150は日本製である。HPによると生産国は日本と中国になっている。たまたまなのか日本製であったことは何となく安心感がありうれしいものである。


Gt2150sw_03Gt2150sw_04   さてお決まりのソール部の写真である。消耗した際のリペアに備えて写しておこう。
   3代前の2120は約800km程度ソールが持った実績があるので、今回も同等だろうか?

   本日購入したばかりで実走行はしていないのでコメントは出来ないが、なかなかクッション性能と走行性能のバランスが良さそうで非常に楽しみである。


追記(2010.1.11)

   早速走ってみた。走るまでもなく歩き出した途端に2150のクッション性能の高さが感じられる。シューズ前部とかかと部がほどよい柔らかさで守られている感じである。いくらMIZUNO ウェーブライダー11 がへたっていたとは言え、このクッション性能は気持ちがよいくらいである。これに似たクッション感覚は NIKE AIR PEGASUS+ 2007AF が近かったと思う。
   しかし2150にはソール中央にプラスチックの補強板がしっかり入っているため、ナイキとは異なりねじれ等に強く安定性がある。

   走ってみると、重い部類に入るシューズであるがその重さを感じないくらい動きがスムーズである。クッション性能も申し分なくこれで必要十分以上である。以前に購入したカヤノ14よりも柔らかさを感じるほどである。(カヤノはかかと部分が堅く感じられた)

   前足部の屈曲性については、特段曲がりやすいとは感じられなかった。と言うか、どのシューズもこの程度の屈曲性はあるのでは?まあ2140を持っていない以上比較のしようがないが・・・

   とりあえず12kmほど走ってみたのだが、足の指がすれることなく水ぶくれは1つも出来ず、非常に快適に走ることが出来た。
   ASICSで測定したときはEEEのノーマルサイズだったが、やはり我が輩にはワイドサイズのシューズが合うのだろう。シューズ選びは本当に難しい物だ。


追記(2010.1.16)


   何回か2150で走って感じたのだが、最後の穴まで使用したダブルアイレット(2段ハトメ)結びをするとヒモが短いのである。今までのシューズではそんなことは感じなかったのでヒモの長さを計ってみた。すると

   28.0cm GT-2150 NY-SW のヒモの長さは132cm であった。

   ちなみに、家にある29.0cmのウェーブクリエーション9のヒモの長さを計ってみると150cmである。
   捨ててしまった28.5cmのウェーブライダー11やエアペガサス、GT-2120NYも短いとは感じなかったので150cm程度はあったのだろう。
   28.0cmと28.5cmでヒモの長さが変わる境目なのだろうか?

   まあ、初期伸びもするだろうからしばらく様子見であるが、最後のホールを使わずに手前の穴でダブルアイレット結びをしても問題はなさそうである。と言うか我が輩は、最後の穴まで使ったダブルアイレットだと足首の筋が痛くなることが多いので、その方が足首が締め付けられすぎずに丁度良さそうでもある。

   しかし、あらためて「シューズの正しい履き方・絞め方」を見てみると、最後の穴使ってないじゃん。基本的に使わないのが普通らしいので、2150のヒモは短く無いことになる。
   今度はこの結び方で試してみよう。

   早速試してきた。ニューシューズという嬉しさもあって21kmを走ってきた。以前ならばこの位の距離を走ると大きな水ぶくれが3~4カ所できた物だが、今回は小さいのが1カ所出来ただけだった。
   また、足首の筋も全く痛くならず非常に快適である。今のところは全く問題のない我が輩によく合うシューズである。買ってよかった!!!


追記(2010.1.16)
 
Gt2150sw_10   買い物に行ったついでにスポーツショップを見ていたら、なんとGT2150と同じヒモが売っているじゃあーりませんか。
   長さは、120・130・150cmがあり368円だった。やっぱりサイズによってヒモの長さが異なっているんだなあ。我が輩は買わなかったけれど、ヒモの長短で困っている人は購入するのもありだろう。
   また、違うカラーやデザインの物でオリジナルシューズ風にするのもありだろう。

|

« 北海道名産カレーを食す | トップページ | さよならウェンディーズ »

コメント

はじめまして。

興味深く拝見しました。
私(今年で67歳)も妻と一緒にウォーキングを
毎朝欠かさずに楽しんでおります。

ちなみに身長はどのくらいおありになられるのでしょうか?

投稿: 佐倉 | 2010年1月10日 (日) 午後 11時57分

身長は184cmです。着る物、履く物探すのが大変です

投稿: ブログ主 | 2010年1月11日 (月) 午後 02時24分

長身でいらっしゃるのですね!靴のサイズが28cmとありましたので、やはり背の高い方だったのですね!外国の方がきっと、サイズをお探しになりやすいのでしょうね。

スポーツ大好きな私ども夫婦にとりましては、長身の方が羨ましい限りでございますよ。

これからも、ブログを楽しみに拝見いたします。

投稿: | 2010年1月12日 (火) 午後 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ASICS GT-2150 NEW YORK-SW を試す:

« 北海道名産カレーを食す | トップページ | さよならウェンディーズ »