« バッテリー充電器(BAL 1734)を試す | トップページ | さて、これからはマメに更新しますか??? »

2010年12月23日 (木)

激安バッテリー(ATLAS)を試す

   6か月1,000Kmしか使っていない我が輩の YUASA 38B19R のバッテリーであるが、一度完全放電してしまってからは能力が落ちてしまってしまったようで、2週間も乗らないでいるとセルモーターの回りが重く、非常に心許ない状態である。多分3週間は保たないであろう。

20101123_175554  そもそも車の暗電流(待機電流、キーOFFでも消費している電流)はどの程度なのか調べてみると、0.05A(50mA)流れている計測結果になった。つまり、0.05A×24H=1.2A/日となり、1.2A×7日=8.4A/週となる。
よって

・1週間= 8.4A
・2週間=16.8A
・3週間=25.2A
・4週間=33.6A

もの電力を自然と消費している計算になる。
   
   何に電気が使われているかというと、リモコンドアーのセンサーやナビやオーディオのメモリー保持、盗難防止装置類が、停車している間も電力を消費し続けている。

   わが輩の車に装着している38B19Rの5時間率容量は28Ahなので、計算だと3週間ちょっとでバッテリーが空になる事になるが、実際は小電流をトロトロ流している場合は容量が増えるので4週間は保つだろう。

   いくらバッテリー充電器を買ったとは言え、2週間毎に補充電を行うのもめんどうせあり、出来れば1か月位乗らないでもエンジンが始動できる状態でいてほしい。そもそもバッテリーの心配などあまりしたくはないので、この際大きなバッテリーに載せ替えることにした。バッテリーの形式及び容量については、ハイグローブ・インクのHPがまとまっていて分かりやすい。

   1か月以上乗らないでもエンジンを始動させるには、33.6A以上の容量のバッテリーにすれば大丈夫であろう。よって、以前付けていた55B24Rが36Ahなので同等以上の大きさのものを選ぶことになる。

   しかしバッテリーは意外と高価なのである。ホームセンターでも55B24サイズになると1万円以上はする。なので今回はネットで激安品を探すことにする。
   激安品となると当然国産品ではなく韓国産の物になる。そのなかでもATLASというメーカーの物が安く性能も良いメンテナンスフリーのカルシウムバッテリーだと言うことなので、これを購入することにする。
   今回は、イーグルトレーディングという静岡にある会社が一番安そうなので、ここで購入するとして、サイズ選びに入る。

・55B24R(36Ah)  4,500円(特売価格)
・55D23R(48Ah)  5,200円
・80D26R(55Ah)  5,370円(特売価格)

と、ホームセンターの半額以下、カーショップの1/4~1/3の激安価格である。

   大きければ大きいほど良いのだが、我が輩の車はバッテリー端子がB型なので、大きい規格のD型を乗せるには端子を付け替えなくてはならない。その他バッテリーステーも替えなくてはならない。結構面倒くさい作業である。そういう作業がしたくない人は素直に同じ端子の型のバッテリーで大容量の物を選べば面倒はない。

20101221_19553920101221_195605  しかし今回は55B24にしたところで容量は28→36Ahと8Ah増えるだけで、暗電流1週間分でしかない。ならば値段は870円しか違わず容量は19Ahも多い80D26Rを購入することにした。これならば6週間は保つ計算になる。

20101221_20012720101221_200506   送料・代引き手数料込みで6,420円、日曜日に注文して火曜日には到着した。このサイズでこの価格は激安である。


20101221_200743   製造年月日が知りたかったのだが、どこにも記載が無く、ハンドルバー付近に謎の「OLKD22」という記号が掘られているだけである。
 


20101223_11053420101223_110604   38B19と80D26のサイズ比較である。容量が約倍になったが、大きく重くなった。軽量化を目指す人には向かないグレードアップである。


20101223_115630  今回の載せ替えで一番ネックとなった端子の付け替えである。糸鋸で古いB型端子の手前で配線を切り落とし、皮膜を剥いてD型端子(160円×2個)を取り付ける。バッテリーステーもD型用が必要である。(780円)
   この作業をしたくない人は素直に55B24までで我慢するべし。

20101223_121540   今まではサンダーアップⅡを取り付けていたのだが、純然たる激安バッテリーの性能試験を行いたいので取り外すことにした。
   バッテリースペースはまだ少し余裕があり、105D31クラスまでは何とか載せられそうである。

   さて、激安の韓国産ATLASバッテリーであるが、載せ替え直後にエンジンをかけた際は非常に軽く高い音でセルが元気に回りエンジンがかかった。非常に頼もしい。そして激安バッテリーがどこまでがんばれるか長期テストの始まりである。

   俺的メモ : 2010/12/23  交換、走行距離 59,201Km

|

« バッテリー充電器(BAL 1734)を試す | トップページ | さて、これからはマメに更新しますか??? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 激安バッテリー(ATLAS)を試す:

« バッテリー充電器(BAL 1734)を試す | トップページ | さて、これからはマメに更新しますか??? »