« 激安タイヤ NANKANG(ナンカン) ECO-1 を試す | トップページ | タイヤの空気圧管理を極める »

2011年8月21日 (日)

プラグ&プラグコードを交換する

   さて、車検前に自主点検を行っていると、点火プラグが結構劣化していることに気づいた。前回プラグ交換したのはいつ頃かも覚えていないほど相当前である。距離にしても多分3万キロ以上使用したのではないだろうか。
20110819_211230   前回使用したのは、DENSOのイリジウムプラグで、電極が0.4mmという極細タイプである。まだイリジウムタフといった長寿命タイプが発売される前だったので、寿命はそれほど長くないはずなので、ややオーバーワークさせたと思う。
   最近では高回転域が重く感じられる事も多く、燃費も若干落ちてきているので、ミスファイヤでもしていたのだろう。
.
20110819_211720   焼き色はいい具合だが、接地電極がやせ細っている。元々細いイリジウム電極部分も消耗しておりさらに極細になっているようである。





20110818_210342   今回購入したプラグは、NGKのイリジウムMAXである。接地電極にプラチナを使用した長寿命タイプである。

   AMAZONEで1本1,187円×4本=4,747円である。
   
   パッケージの「長寿命プラグ」の文字が何だかあやしい中国製のようであるが・・・

20110818_210500   中心電極は0.6mmとDENSO製よりやや太いが、こちらの方が確実な火花を飛ばしていると言う話も聞く。
   
   まあどちらも世界的にトップレベルの製品なのでそう大差は無いであろう。

.

20110818_210241   ノアに搭載されている3S-FEエンジンは、比較的プラグコードが劣化しやすいらしいので、今回はちょうどいいタイミングなのでプラグコードも交換することにした。

   プラグと同じくNGKのプラグコードである。
.

20110818_210652   こちらもAMAZONEで2,900円である。

   最近はAMAZONEで買い物する機会が非常に多い気がする。実店舗に行かなくても平日の夜にに購入して、週末には届いているので、わざわざ実店舗まで足を運ぶ時間が節約でき非常に便利である。


20110819_203203   ノアのプラグ交換は、4番プラグが一番奥にあり狭く交換しずらい。
   我が輩はソケットレンチに付属のプラグレンチと長いエクステンションバーを使って交換している。

   新品プラグのネジ溝部分にエンジンオイルを塗っておくと装着時に抵抗が少なくなり、適正トルクで締めやすくなり固着もしにくくなるので、忘れずに塗っておこう。
   そのために新品のエンジンオイルを用意することはなく、オイルレベルゲージを抜いて先に付いてきたオイルを塗るだけで十分である。
20110819_202811   交換後のエンジンルームである。プラグは当然見えないが、プラグコードが純正の黒から青色に変わり、いかにも変えましたと自己主張している。





20110819_203241   ちなみにこれが作業風景である。バッテリーから直に電気を取る蛍光灯型作業灯は便利である。
   家には古いバッテリーがあり、それとこの蛍光灯で停電時の照明として活躍することも出来る。

   ちなみに中央の白い物体は、蚊除けの防虫剤である。しかしながら2カ所ほど蚊に喰われていた。

   まだ交換したばかりで効果は未検証だが、間違いなく効果がありそうな感じである。
   我が輩のノア号も購入からもうすぐ10年6万kmになろうとしている。残りの使用期間等を勘案すると、プラグ及びプラグコード交換はこれで多分最後の作業になるであろう。その効果については追々書くことにしよう。

|

« 激安タイヤ NANKANG(ナンカン) ECO-1 を試す | トップページ | タイヤの空気圧管理を極める »

コメント

はじめまして、サンダーアップの検索からこのサイトに来ました。
参考になる情報満載で興味深く読ませて頂いております。
私もNOAHに乗っておりますが、H10年式で間もなく20万キロ
3Sエンジンは優秀ですね

投稿: TRIAL | 2011年8月23日 (火) 午前 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラグ&プラグコードを交換する:

« 激安タイヤ NANKANG(ナンカン) ECO-1 を試す | トップページ | タイヤの空気圧管理を極める »