2013年7月 7日 (日)

指輪型脈拍計 パルスプラス を試す

   先日ネットサーフィン(今や死語か?)をしていたところ、指輪型脈拍計という物があることを知った。価格も3,990円とお手頃価格であったので、ちょっと調べてみた。

   「心拍数計を試す」で書いてあるとおり、吾輩は簡易型と胸センサー型の二つの心拍数計(脈拍数計)を持っていたのだが、いつの間にか無くなっていた。
   その昔に電池切れ等であまり使わないと判断し捨てたのだろう。まあ心拍計が無くても困らないし、5秒間脈拍を測れば心拍数は分かるのである。(5秒間の心拍×12倍=心拍数)

   簡易型は大抵赤外線センサー方式で、血流を計り心拍を計算する方式である。簡単であるが安静時以外の測定誤差が大きく、特にジョギング等で腕を振る場合は正しく測定できない物がほとんどである。

   一方胸センサー型は、胸の付近に当てている2個のセンサーから電位差(心電図波形)を検出し心拍数を計算する方式である。赤外線方式に比べ遙かに精度の高い測定が可能であるが、電位差を正しく測るため、冬場等肌の乾燥時にはクリームやベビーオイル、水等を塗り感度を上げなくてはならない。また、胸ベルト式であるため装着が非常に面倒くさくさい。見た目もまるでブラを付けているような影が背中に現れる。それでも正しく計測できない場合もあり、吾輩もほとんど使わなくなってしまった。

   

パルスプラスは赤外線型であるが、HPでも測定精度が大幅に向上し、ウォーキングやジョギングなどの運動専用の脈拍計と行っている。また指輪型で小型軽量&常時測定可能な点が気に入り、ヨドバシ.comで購入した。用途は、ウォーキング、ジョギング、サイクリング時の心拍数測定である。

   これがパルスプラスである。右側の測定開始ボタンを押してから数秒で現在の心拍数が表示され、5秒ごとに最新の心拍数に更新される。

   通常はこのように装着して使用することになる。指輪型とはいい、やや大きめである。
20130707_214822

   リング部分である。ゴム製のジャバラ式ベルトで色々な太さに対応できるようになっている。しかしこのジャバラ部分の強度が弱そうでここが最初に壊れることは明白である。交換も出来そうにない。壊れたら使い捨てか?

   ベルト横部分に丸い穴が開いており(左右の合計2カ所)、この部分が赤外線センサーである。
20130707_214741
   肝心の精度はと言うと、

   運動中の使用にあっては使い物にならない

   と言う残念な結果になった。測定中に体を動かさない安静時測定であれば正しい数値を検出するが、ジョギングはおろかウォーキング時であってもまともに心拍を検出できない。

   購入してから5日間毎日1時間程度のウォーキング時や週末のジョギング時に測定したが、まともに測定できない。
   吾輩の場合通常ウォーキング時は120前後の心拍数であるが、安静時と変わらない70~90位の心拍を表示している。
   2~3分しても正しい数値を示さない場合は、測定を中止し再度測定開始させるのだが、正しい数値を示すのは15回に1回程度である。それもしばらくするとまた低い数値を示すことになる。

   色々な部位や角度等で検証したところ、指先でセンサー部分を優しくつまむ方法が比較的正しく測定することが判明した。このような使い方である。20130707_215000

   これでも正しく測定するのはウォーキング時で5回に1回程度、それもしばらくすると正しくない数値に変わってしまう。ジョギング時はこれでも測定不能である。

   本来ならば、こんな位置や20130707_215104

   こんな位置で使えなくては不便なのだが、吾輩の場合だと運動時の測定は不可能であった。
20130707_215144

   これではただの安静時用脈拍数計である。メーカーのHPにもウォーキングやジョギング専用の脈拍計とうたっているのにその性能を発揮することは、吾輩の環境下では出来なかった。全くの期待はずれである。

   一番腹立たしいのは、正しい数値を測定できない場合でも、さも「計ってまっせ!」と言わんばかりに適当な低い心拍数を表示しているところである。
   正しく測定できないのならば測定中の表示を示すべきであろう。そうであれば正しく測定できるポイントを探すのにも便利である。

   赤外線方式ということで何となく地雷製品である予感はしていたが、ある意味その予感を裏切らなかったダメダメ製品であった。安静時の心拍しかまともに計れないのであれば、手首型の心拍計付き血圧計を買った方がよっぽど色々と役に立つであろう。

   激おこプンプン丸

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

ウォーキング用ウォッチを試す ~ カシオ PHYS

   つい先日、ジョギング用に「SEIKO SUPER RANNERS」を購入したばかりだが、今度はウォーキング用の時計が欲しくなった。そこで色々物色すると、カシオのPHYSシリーズにSTP-100Jというウォーキング用ウォッチがあるので、おなじみのヨドバシカメラにて9,920円(+ポイント)で購入した。

Walk_w01    一言でこの時計を表現するならば、進化した万歩計付腕時計といったところであろう。
   最新の3Dセンサーカウンターは、従来品のように内部で振り子がカチカチ動くことはなく、無音で振動を感知し正確に歩数を計測する。
   また、普通の万歩計は通常歩行とウォーキングの歩幅を別々に設定出来ないため、歩行距離に誤差が生じやすいが、この時計は別々に設定できるため、誤差が生じにくくなっている。ちなみにその切替えは手動で行う必要がある。

   この時計の面白いところが、歩行スピードを表示できるところだ。「6.5km/h」という感じで歩行中のスピードを表示するため、ペースをつかみやすい。その他にも当然、歩数や距離、消費カロリー表示もできる。

   これでソーラー電波の「止まらない狂わない」が付いていたならば、文句なしであったのだが、用途や価格を考えれば必要にして十分である。とりあえずしばらくはメインウォッチとして使ってみよう。その間にプロトレックの様子を見てからメインウォッチは考えようかな。

   本当はMRG-700シリーズをメインウォッチにしたいところであるが、高価な為なかなか手が出ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

心拍数計を試す

   最近ちょこっと運動をしているので、心拍数計が欲しいと思い色々探してみた。
   本格的なヤツは結構値段が高く、あったらいいな程度の気持ちで購入するのには、ためらうものがある。しかし良く探してみると、お手頃な価格の物もあった。

Shinpaku_02Shinpaku_01   これが、お手頃価格のTANITA製心拍数計だ。ヨドバシカメラで約2,000円である。
   タマゴサイズの心拍数計で、測定以外の時は時計となっている。

Shinpaku_03   測定時はこのように、センサー部分に指を乗せて測定する。
   初めのうちはコツが分からずエラーの嵐だったが、コツをつかめば簡単測定可能である。では、そのコツとは?
・センサー部分を軽く持つ感じ
・指の真ん中(指紋の中央)付近をセンサー部にあてる
・測定中は、腕を大きく動かさない
の3点である。これでウォーキング中や軽いジョギング中でも測定可能である。

   この製品の欠点は、測定時間が1分間しか継続しないと言うことである。よって、ジョギング中など常に心拍数を計測したい場合には不向きである。

Shinpaku_04   まあTANITA製の心拍数計で十分満足していたところ、買い物に行った先で偶然、胸バンド&時計式の心拍数計が激安(約1,400円)で売られていたので衝動買いしてしまった。
   胸バンドに内蔵されているセンサーで心拍数を計測し、そのデータを無線で腕時計型表示器に送信するのである。
  これならば、スポーツ中に常時心拍数の測定が可能で、測定には何のコツもいらず正確無比の本格タイプである。

   早速使ってみた。
   胸にバンドを付けているので0若干の違和感があるが、ずり落ちることもなく常時測定できるのは役に立つ。さらに最大心拍数や平均心拍数の表示も出来、効率的な運動が可能である。
   が、やはり胸に装着しなければならないので、お手軽というわけにはいかない。

   この2つの心拍数計をうまく使い分け、無理のない効率的な運動を継続していきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

サモコンクール(気化熱利用冷却材)を試す

   スポーツや運動を行う際、汗が目に入り視界不良になったり、眼鏡をかけている人はレンズに汗が落ちて見づらくなったりと非常に困ることが多い。そのため、昔からヘアバンドで額に落ちてくる汗を止める道具はあった。
   何か良いヘアバンドはないものかと探していたところ、アイオン製のサモコンクール(気化熱利用冷却材)と言うものを見つけた。

Aion_01   額に落ちてくる汗をくい止めるのはヘアバンドと同じだが、その汗の気化熱を利用して頭をクールダウンするという仕組みである。
   メッシュ生地とPVAスポンジで構成されているパット部分は、確かに放熱性が良さそうである。値段も980円(近所のホームセンター)というお手頃価格なので購入することにした。   
   


Aion_02   袋から出してみるとこのようになっている。
   額の部分にパットがあり、側面&後部はゴムバンドである。乾燥状態でのスポンジは少々固いが、次第に汗を吸い取り柔らかくなる。
   早速使ってみた結果は

・ パット部の水分吸収量が非常に多く、額に汗が落ちてくることはない → GoodJob!
・ 普通のヘアバンドと違い、暑くムレる事がない → GoodJob
・ サイズも丁度良く、激しい運動にもずり落ちたりしない → GoodJob

と言った具合で、今のところ良い面しか見受けられない。宣伝文句である気化熱によるクールダウン効果も結構効いているようで、装着していても熱がこもっているという違和感がない。

   スポーツだけでなく野外作業などの際にも威力を発揮しそうで、これから夏本番を迎えるにあたり、非常に勧めである。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)